【コロシアム】入門編

やあやあ

久しぶりにコロシアムに行ったらめちゃめちゃ楽しい件。

 

f:id:toshimaru104:20170618172033j:image

ルールの前にマナーを学ぶ

コロシアムは敵も味方も人間。思うようにいかなくてもイライラしちゃダメ。

負けたら自分のせい、勝ったら味方のおかげ

という仏の精神で楽しもう。

味方の動きに合わせられる人が上手い人。暴言・指示・煽りをする人ほど上達しないというのは、もはや常識。

基礎知識

5分間でポイントを奪い合い、試合終了時点で401P以上を持ってるほうが勝ち。

倒した人は、倒された人からポイントを半分奪える。

ザオなどで生き返らせると、奪われたポイントの60%を取り返すことができる。(取り返した60%のポイントは、ザオした人とザオされた人で山分け)

どんなに倒しまくっても、倒されたらポイントをゴッソリ持っていかれる。

いつ、誰を倒すべきか…。逃げるべきか、迎え撃つべきか…。自分がポイントを取るべきか、味方に取らせるべきか…。

そういった駆け引きを楽しむのがコロシアム。

ホルダーと削り

コロシアムでは大きく分けて2つの役割がある。

ホルダーとは

ポイント保持者のこと。 敵にトドメをさし、ポイントを取って生き抜くのが主な仕事。

敵を倒すのは大事だけど、深追いして倒されてはいけない。安全に取れるタイミングを見計らうことが重要。

生存能力の高いパラや戦士、敵に近付かずトドメをさせるレン、道具、魔戦あたりの適性が高い。

削りとは

加熱して乾燥させたカツオの肉を削り節にする行為。

f:id:toshimaru104:20170619122515j:image

コロシアムでは、積極的に前へ出て攻撃する役割の人をいう。

削り役はできるだけポイントを保持せず、敵を瀕死状態にしてホルダーがトドメを差しやすくしてあげる

ただ闇雲に敵を攻撃してればいいわけではなく、味方ホルダーの安全を確保してやるのも大事。

まとめ

コロシアムはハマると寝不足になる。