【コロシアム】応用編

やあやあ

ホルダーと削りの概念が理解できたら、応用していこう。

 

優勢と劣勢

最初のぶつかり合いが終わると、ほとんどの場合どちらかが多くポイントを持った状況で態勢を整える事になる。

リードしたら

改札

f:id:toshimaru104:20170620182706j:image

階段上のせまい通路をコロシアムでは「改札」と呼ぶ。写真のオガ戦士さんのように改札に立って通路をふさぐことで、敵の進入を遅らせる事ができる。

ポイントが少なくて硬い職の人が立つのが理想。とはいえ、柔らかい職でも状況によっては壁をしなくてはならないので、その場合は盾を持ちファランクスなど使って可能な限り耐えよう。

ホルダーは後ろに下がり、敵の攻撃射程に入らないよう気をつける。

これが有るのと無いのでは戦況がまったく変わる。

ゾンビ

f:id:toshimaru104:20170620204611j:image

攻撃は最大の防御とも言う。

自分のポイントがこれ以上取られても逆転されないような場合、改札に立つのもいいけど攻め続けるのも一つの手。

死んでも死んでも攻めまくる手法を「ゾンビ」と呼ぶ。

ゾンビは火力の高い職が適任。敵が反撃の準備をできないように、邪魔する。この場合は削りは意識せず、倒す気マンマンで行こう。CT技を使わせたらグッジョブ!

ひとつ気をつけなければいけないのは、影からホルダーを狙ってくる敵を見逃さないよう、後ろにも気を配ること。

リードされたら

当然、敵側もリードしたら改札を固めて陣地に立てこもる。

敵陣に立てこもったホルダーをどうやって倒すか、大きく3つに分けてみる。

改札を瞬殺

こちらの火力と改札の防御力に左右されるが、最もベーシックで連携が取りやすい方法。

2〜3人で同時に攻撃を合わせれば、ほとんどの場合は一撃で倒す事ができる。そのままみんなで一斉攻撃を仕掛けてホルダーを落とし、ポイントを取った人は速やかに自陣に逃げ帰る。

範囲攻撃に巻き込む

改札のすぐ後ろに複数人の敵が固まっている場合などは範囲攻撃に巻き込み、一気に削れた後衛を弓などの遠隔攻撃で仕留める方法。

目の前の敵をただ攻撃すれば良いのと違って、誰をターゲットにするかが問われるため、より連携が必要。その代わり成功すれば敵を壊滅させて自陣にも逃げ帰りやすい。

別の通路から回り込む

バカ正直に正面突破しようとするばかりではなく、改札に立っていない方の通路から攻め入る方法。

敵ホルダーにたどり着くだけなら、これが最も有効。ただし連携が取れていないと単独行動になり、一人ずつ駆除される最悪の展開になる可能性もある。

まとめ

f:id:toshimaru104:20170622141510j:image

3つに分けたけど、どれも共通して言えるのは連携。

ここで勘違いしないでほしいのは、連携が必要だからといって指示やチャットが必須なわけではない。(野良ではチャットすると、かえって変な空気になり連携が乱れる場合もある)

前記事でも書いたように、「味方に合わせられる人が上手い人」。

前衛は後ろがちゃんとついて来れるタイミングかどうか、よく見てから突っ込もう。

後衛は前衛が誰を狙っているか、どの敵が削れているか、よく見てタイミングを合わせよう。