どうも、シンイです。(ストーリーネタバレ有り)

 

 

あ、どうも。シンイです。

 

f:id:toshimaru104:20170708094701j:image

 

昨日はとしまるさんと一緒に、ストーリーを途中まで進めてきましたよ。

 

日に日に強まっていく、としまるさんの死の予知。

僕は不安でなりませんでした。

 

ですが、神の器であるお友達の皆様を救い出さなければいけません。やむをえず戦地に赴くことにしました。

 

としまるさんは危機感がないのか、カードを持ち歩いていました。

「占い師だからね」と言ってましたが、私の予知能力と比べたら占いなんて詐欺のようなものです。

死ぬかもしれないのに、のんきな人ですよ。

 

他に戦士2人と僧侶1人を酒場で雇っていました。

「フレだから無料なんだよね」と言ってましたが本当でしょうか。

桃太郎ですら、家畜にきびだんごをあげるというのに。

 

各領界の『ナドラガ神のほこら』でボスと戦ってきましたが、私の大活躍があつたおかげて楽勝でしたよ。

戦士のお二人が使う「真やいばくだき」という技も素晴らしく役に立っていました。

 

としまるさんは……そうですね、カードゲームで遊んでいたようです。

同じエテーネの民として恥ずかしい思いですが、敵があまり強くなかったので良いでしょう。

 

五人のお友達を救い出すと、エステラさんが来ました。

彼女は責任感が強いようですね。一人でナドラガ教団に潜入すると言って、先走っていかれました。

 

私は、としまるさんに言ったんですよ。「エステラさんを追って行かないでください。絶対に行かないでください」と。

 

フリだと勘違いしたんですかね?ダチョウ倶楽部じゃあるまいし。

 

私たちを置いて突撃したとしまるさんは、案の定……あんなことに。

 

お友達のおかげで助かりましたが、あんな無茶はやめてほしいですよ。

そのせいで『奴』の思い通りに事態が進み、いよいよピンチです。

 

これからどうなってしまうんでしょう。

楽しみ……いやいや、不安です。

 

f:id:toshimaru104:20170708123942j:image

 

おっと、これは私が趣味で撮った写真です。あまり見ないでください。

 

では、また。