【聖守護者】獣魔ローガストはこんな奴!

f:id:toshimaru104:20180316093044j:image

聖守護者の闘戦記の第一弾は、

冥骸魔レギルラッゾ&獣魔ローガスト

 

前記事のレギルラッゾについて↓

【聖守護者】冥骸魔レギルラッゾはこんな奴だ! - としまるDQ10書店

 

獣魔ローガストについて考えてみる

f:id:toshimaru104:20180316101915j:image

画像右の、人間のふりをして騙してきそうな狼が獣魔ローガスト。画像左下じゃないですよ!

種族は獣系です。

 

f:id:toshimaru104:20180316102539j:image

ストーリーに登場するボスで、ルネサンスにも超強いが実装されている「青狼鬼グルバレイダ」の色違いになります。造形が同じならモーションも一部を使い回す可能性が高いです。そこからローガストの特徴を予測しましょう。

グルバレイダのスキルを見てみます。

・通常攻撃
・青の連撃(1人に2連撃)
・狂い裂き(周囲にランダム4回攻撃)
・魔影殺(ターゲット直線範囲にダメージと呪い)

・野生の咆哮(バイキルトとみかわしアップ)
・ドラゴンビート(誰かが倒されるたびにテンションアップ)

かなり攻撃的ですね。とくに多段攻撃が目立ちます。ローガストも多段攻撃をしてくる可能性がかなり高いと思うので、鉄壁のよろいや賢者のきせきの雨が重要になりそうです。

また、野生の咆哮ドラゴンビートのような強化技を使用するならば賢者の洗礼が必須になるでしょう。野生の咆哮はみかわしアップ効果もあるので、ゴールドフィンガーでは頼りないですからね。(レギルラッゾがにおうだちで邪魔してくる可能性も)

多段に強い鉄壁のよろいと、獣特攻の天恵石のつるぎを装備できる戦士も席がほぼ確実だと感じます。画像では真やいばも入ってますし。

 

獣系なので、はげしいおたけびおぞましいおたけびブレスなどを使用してくる可能性も高そうです。ゾンビ系のレギルラッゾも状態異常技を使ってきそうなので、耐性が複数必要になるかもしれませんね。

 

わりと冗談抜きで、人狼ネタをぶっこんでくる気がします。例えば、こんなスキルはどうでしょうか。

ターゲット1人をモンスターに変身させ、姿を奪う。

ターゲットの姿を奪っている間ローガストは味方扱いされるので攻撃できない。

死ぬ、エンドオブシーン、プラズマリムーバー、女教皇のみ解除可能。キラポン、まもりのたてを貫通して必中。

今までのハイエンドでも竜の咆哮ダークシャウト威圧のように防げない厄介な技を使ってきました。変身もそういった技のひとつです。

また、ハイエンドで席のなかった旅を活躍させることもできます。

キャラの姿をコピーして狼がプレイヤーたちの中に紛れるというネタ。あると思います!

 

まとめ

レギルラッゾより火力が高いのは間違いないと思います。また戦士ありきになりそうです…。ヒーラーは今回こそ賢者になってほしいですが、メイヴのときもそう言われながら僧侶に落ち着いたので分かりませんね。

戦士戦士バイキ僧侶になったら、さすがにガッカリです。

 

 

ランキングぽちっとお願いします↓